初入職後3年で転職する場合に気を付けること

 「看護師になってまず就職したら3年間は頑張って働いてみなさい。」といった言葉を看護学校の先生や、初入職先の上司からかけられた、という人も結構多いのではないかと思います。
 どの職業でも言えることだと思いますが、仕事のキャリアを積んでいく上で3年を迎えてくると大体の概要がわかってくるものです。

 

 1年目は、新人として、毎日余裕が無くただ必死に看護師の仕事をこなしていた人も多いのではないでしょうか。
 初めての看護師の実際の世界に触れ、戸惑いながらも追いつくために必死で毎日勉強し、それでも思うように仕事ができない自分に日々へこみながらの業務は余裕も持てるはずもなく、勤務時間以外は勉強会に研修に、自宅学習にと学生時代より勉強している人も多くいたはずです。
 2年目は、少し慣れてきて1年目よりは効率よく動けるようになり、勉強の積み重ねで知識も増えてきます。看護業務もアセスメントしながら出来る様になって、自分の業務以外の動きにも合わせて考えて動けるようになってくる時期です。
 3年目は、忙しい業務の中でもある程度のことは自信をもってできるようになり、余裕をもって看護を実践できるようになっています。周りから見れば十分に一人前として扱われ、独り立ちできる時期です。
 自分の看護、業務について、今迄の自分のしてきた事がある程度の形になって見えてくる頃です。

 

 そして、3年目あたりから病院の中の中堅としての仲間入りするようになり、新たな別の業務や問題が出てきます。
 新人看護師のプリセプターになったり、より重要な業務を任されるようになったりと、新しい立場に立つ事によって今迄にないストレスも抱えるようになります。そんな中、このままこの道を進んで良いのだろうか、と自分の目指す方向性を考え始める人も出てきます。
 これらのことを考えると、確かに3年目は節目でもあります。

 

 3年間きっちり臨床経験を積んでいる中で、今の病院での治療や看護に限界を感じている人もいるはずです。

 

 もっと、患者に良い医療やケアを提供できるのでは?と自分に問題定義をし、今の病院よりもっと高名な病院には本当のケアがあるはずと考えている人もいるでしょう。そういった環境に自分の身を置いて自分の理想とする「やりたい看護」を実現したい、と考えているならば、更に高度な専門性の高い病院を求める気持ちが強くなり、「やりたい看護」をするための手段が転職という形になるでしょう。

 

 自分の思っている看護を実践したい、と自分のやりたい未知の看護が臨床実践できる場所を求めている人もいるでしょう。それは本では全て学べないことです。経験で実践で学びたい、という気持ちが強くなり、経験できる場所を求めることが転職である場合もあります。

 

 同じ病院で働き続けることで「視野が狭く」なっている自分を見つめ「外の世界を見てみたい」という気持ちを持っている人もいるでしょう。病院が違うとシステムが違ったり、ルールや看護の基準が違ったりと面白さがあります。
 また、自分が病院にいいように使用されている駒のように感じている人もいるでしょう。それは給与面の不満であったり、待遇、雇用体制の不満であったりします。病院の都合によって振り回されている現実からのリセットを考えての転職という手もあります。

 

 漠然と転職を意識しても続かないものです。しかし、これらのように自分の中で確たる理由があるのであれば、新しい自分を求めての転職を考えてみる時期なのでしょう。 

 

 転職する際に、まず考えておかねばならないことは、転職する先の病院には自分のしてきた病院とは違うルールが存在するということです。
そして、転職先の病院はやはり「いってみないとわからない」部分が多く、表面上の情報からは把握できない、想像できない事にも遭遇します。特に、真面目に3年間きっちりこなしてきた人は、初入職の病院で行ってきた看護の基準やケアの基準が「当たり前の基準」になっていますので、他の病院のやり方に対してギャップを感じ、リアリティショックを受けることも多いのです。

 

 教育体制などの院内プログラムは情報として確立しているし、内容もある程度予想出来るので大きく期待から外れるということはないでしょうが、転職しようとする病院の看護師の職務範囲や実務、価値観などは実際に入ってみないとわからないことが多く、表面上の情報からは把握するのは困難な場合が多いものです。
 新卒で業務も何もわからないまま就職を考えていた時と違って、3年で転職する時は転職の理由がはっきりしています。
 漠然とした期待で転職先を決めるのではなく、自分の中で何を目的に転職をするのかというポイントをしっかり見据えて、その条件にあった病院を探していきましょう。