「総合病院の病棟勤務3年⇒一般(個人)病院」へ転職したい場合

総合病院から一般病院への転職は、3年間きっちりとこなしてきた看護師は歓迎されます。
 現場の経験が全くない新卒ではないし、チームで動くチーム医療も経験済み、3年間臨床経験もあるので応用的な看護もある程度はできるはず。基礎的な看護技術の実践ももちろん経験済み。転職希望先の一般病院、個人病院からは一人前の即戦力として期待されるでしょう。

 

 総合病院ではある程度の組織の中の一員として動いていましたが、組織の小さくなった一般病院、個人病院となると今迄のやり方や考え方は通用しない場面が多く出てきます。

 

 個人病院は経営者である医師の考え方に大きく影響を受けます。病院の経営方針や治療方針に始まり、看護やケアに対する考え方や患者に対する考え方などの基準は、経営者である医師に左右されます。
 雇用形態や待遇面も経営者である医師に左右される傾向にあります。その病院ごとに細かい雇用条件などを決めている場合がありますので、一つ一つ確認しておきましょう。

 

 経営者の考え方は現場で働く看護師の働き方にも影響を受けます。その病院のルールやその病院の基準に沿って業務を行うことになりますので、今迄の総合病院でのやり方を否定され「うちの病院のやり方でやってくれ」と言われることもあるでしょう。その場合は臨機応変に、柔軟に対応していきましょう。今迄のやり方を強引に推し進めるのではなく、取りあえず郷にいっては郷に従えでいきましょう。

 

 また個人病院はその診療科目によって、業務内容や、看護の援助の方法、検査の方法が変わってきます。内科、外科、脳神経外科、整形外科、小児科、産婦人科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、放射線科等1つの診療科目を上げている病院もあれば、複数の診療科目を上げている病院もあります。中には検査の専門としての機能も付随している病院もあります。
 総合病院では検査専門の看護師がいる病院もあり、今迄に検査の看護については一度もしたことがなかったが、これからは検査もできなければならない、といった場面も出てくるでしょう。
 今迄に経験したことの無い診療科に転職するのであれば、多くの未経験の看護技術や援助が出てくるものです。

 

 経験のないことや解らないこと、どういった部分に不安があるかは、うやむやにせずに転職先に率直に伝えておきましょう。
 また、病院や経験した診療科目が違ってくると、これまで総合病院で積み上げてきた経験が通用せず、これまでのスキルを活かすこともできず1年目扱いを受けることも多いものです。
 転職先のスタッフからは初心者のように扱われることもあります。
 如何に経験があったとしても、即戦力として期待されたとしても、転職すると始めは一時的に新人と同じ様なものです。

 

 慣れるまでの間、プリセプターをおいてもらえるかどうかも確認し、できれば希望を出しておきましょう。

 

 

 

 

「総合病院の病棟勤務3年⇒一般(個人)病院」へ転職を考えている方へ関連ページ

ほかの総合病院の病棟
ほかの総合病院の外来
大学病院の病棟
大学病院の外来
健診センター
クリニック
精神科病院
訪問看護
保育園・学校