「総合病院の病棟勤務3年⇒保育園・学校」へ転職を検討している看護師へ

施設によっては病児保育を掲げているところもありますが、大抵の保育園での看護師の役割は、体調不良の小児の対応や怪我や内服などの対応が主なものです。けが人はそうそうたくさんは出るものではありませんし、けが人があったとしても1日に1回出るか出ないかの頻度です。
 感染症の対策や、病気の早期発見、発達の管理、身体的かつ精神的な健全な発育の援助等が保育園の看護師の主な業務になります。

 

 勤務する居住区や地域、保育園の経営者によって保育園の看護師の募集の形態は様々です。募集要項を確認して、疑問点や質問したいことがあれば面接時に確認したり、業務内容を確認するなどしておきましょう。
 小児科の経験があるとベストですが、小児科の経験がなくても基礎知識がありますので小児看護について改めて幅広く学習していくことで大丈夫です。さらに子育ての経験があれば小児の対応も抵抗なくこなすことができるでしょうし、幼児期にかかる病気、感染症、アデノウイルス、風疹、突発性発疹、水疱瘡や手足口病等、前もってイメージしておけば慌てることなく対応できるでしょう。

 

 一般的に保育士の給与自体が低い傾向にあるので、看護師の給与もそれに合わせて病院よりは低めの設定になっています。
 総合病院の病棟に比べて断然楽な業務内容ですので、雑用をしたり保育をしたりといったこともこなさなければなりません。
 保育園にも早番遅番などがあり、ローテーションを組んで仕事を振り分けていますので、職場によっては当然それらの保育業務もこなすように要求されるところもありますし、反対に、時間短縮を利用して昼間の一定時間だけの勤務で良いという場所もあります。人件費を減らしたい保育園では時間短縮で看護師を雇うところもあります。
  子ども好きで子供と関わっていきたい人には向いている職場ですが、給与面を考えると小児科の方が良い場合もあります。

 

 また、学校を職場の一つとして選択することもできます。
 教員資格がなくても、支援員、補助教員など自治体によって名称は異なりますが、看護師を学校の職員として募集しているところも多くなっています。学校には保健室があり保健の教諭が常駐していますので看護師として怪我の手当をするのが業務のメインではなく、学校の授業をスムーズに受けられるように生徒や先生を支援する役割が主たる業務です。
 生徒の中には精神的に不安定な生徒もいます。先生一人では対応できないこともあり、そういった場面を想定して配属されます。

 

 特別支援学級に配属されるか、普通学級に配属されるかで日々の援助業務は違ってきますので、募集している要項を確認し業務内容を把握しておきましょう。学校によっては学童の指導員を看護師で募集しているところもありますし、転職先が公立学校か、私立学校かで採用条件や雇用制度等変わってきます。募集条件や待遇面を確認しておきましょう。