「総合病院の病棟勤務3年⇒ほかの総合病院の外来」へ転職を考えている方へ

公的な病院や、総合病院は新規、中途採用にかかわらず随時募集をしているところが多いものです。
 その中で、外来にターゲットを絞っているのであれば常日頃から複数の総合病院の看護師募集要項をチェックしておくきましょう。短期間でどこの総合病院の外来でもいいと転職を決めてしまうのではなく、どこの総合病院にするかじっくり自分の希望に沿って考え、希望にあった病院を絞り込んでいきましょう。そして、狙っている総合病院の外来に募集が出たらそれにすぐに取り組めるように準備をしておきましょう。

 

 無料の人材紹介、転職支援サービスに複数登録して情報を集めて希望先の転職を勝ち取った、という強者も知っています。
 情報を上手に集めて、自分の希望する条件に合う病院を探すのに妥協は禁物です。
 初入職後、総合病院の病棟で3年きっちりと働いてきたのであれば、募集をしていれば大抵どこの総合病院でも受け入れてくれるでしょう。

 

 しかし、病院が変われば管理体制も変わってきます。教育体制も違ってくるものです。
 今迄の病院の常識や看護の考え方、処置の方法等、どれをとっても白紙からのスタートになるかもしれません。
 これまで自分の培って来た技術が通用せず、時には否定される時もあります。それは病院の経営方針や看護や医療の考え方にも左右される問題だから、ある意味仕方のないものです。
 即戦力を求められても、一時的に初心者に戻るのと同じですので、新人の看護師にプリセプターがつくのと同じ様に、中途採用者にもプリセプターがつくかどうか確認しておきましょう。プリセプターが一定期間つく病院であれば、新しい環境によりスムーズに入ることが出来ます。

 

 また、面接に際しては現場の実情を知らない管理職の立場の人が行うのが一般的です。面接時の条件と違うといった面も出てくるかもしれません。ひどい所になると、とりあえず入れてしまえば何とでもなる、という姿勢の病院もあります。
しかし、そういった所は雰囲気で出てくるものです。集めた情報や面接時の確認はもちろんですが、病棟の見学などは必ず行い、気になることはどんな些細なことでも質問して確認していきましょう。転職後「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、積極的に行動しましょう。 そして、外来なら夜勤が無いと思っていても、外来の看護婦にも夜間の救急搬送の当番が回ってくるところがほとんどです。ある程度の規模の病院であれば、救急患者の受け入れ態勢等、その頻度なども確認しておきましょう。

 

「総合病院の病棟勤務3年⇒ほかの総合病院の外来」へ転職を考えている方へ関連ページ

ほかの総合病院の病棟
大学病院の病棟
大学病院の外来
一般(個人)病院
健診センター
クリニック
精神科病院
訪問看護
保育園・学校