「総合病院の病棟勤務3年⇒大学病院の外来」に転職を考えている看護師へ

 3年きっちり看護を実践してきた看護師が転職を考える場合、転職する理由がはっきりしている場合がほとんどです。
 新卒者が看護の実際を経験していない状態で漠然と抱く期待と異なり、専門分野をさらに深く掘り下げていきたい、未知の看護の分野に取り組んでいきたい等のスキルアップのためであったり、労働条件や労働環境の改善を模索してのことであったり、それぞれ求めているものが明確になっている場合が多いのも特徴です。何を求めて転職先を選ぶのかがはっきりしているため、自分の望む病院にターゲットを絞りやすいと言えます。

 

 大学病院の外来は、治療困難な患者、一般では診察受診を断られる患者が多いところです。
 そういった疾病や看護に対する知識を増やし、勉強していきたいという人には魅力的な場所だと言えます。 

 

 しかし、大学病院に限らずどの病院でも言えることですが、こちらの期待通りに全て行くという事はなかなかありません。
例えば、希望していた部署に必ず配属になるとも限りませんし、プロフェッショナルな専門性の能力の高いスタッフとの出会いを期待して、自分自身も磨いていきたいと希望していても、いざ配属された部署で想像通りの出会いが無い場合もあります。
 転職して思い描く看護が実践でき仕事内容が充実しても、労働環境の変化に体がついていけないという場合も出てきます。
 私の知人は大学病院の整形の外来を希望していましたが、空きがなく産婦人科の外来に配属になりました。全く畑違いの分野で患者の顔をみないで下半身ばかり見る業務に本当に失望していました。移動を願い出ながら現在も続けていますが、やはりモチベーションは下がってしまいました。

 

 経験を活かすことができず「こんなはずではなかった」とならないために大事なことは、こういった場面を想像しながら、今後転職する際に直面するであろう問題をピックアップしておいて、ポイントに沿った情報収集を心がけていくことです。

 

 大学病院の外来は、ある程度情報収集がしやすい場所でもあります。ホームページ、パンフレット等から情報を集め、更にわからない部分は病院の名称や由来、規模などからも想像を働かせていきましょう。知人の看護師や病院関係者からもアドバイスを集めたりして、できるだけ実情に近い情報を手に入れる努力をし、情報の質や量を高めていきましょう。無料の人材紹介、転職支援サービスを複数利用し、情報を集めている人もいます。

 

 大学病院はその施設の特徴から、とにかく医師の数が多いので医療処置などは看護師が行わずに医師が行うことが多いものです。
 病棟でも外来でも、注射や採血など医師がすると決まっている所も多く、看護師が行う場面がぐっと減ってきます。そのため注射の腕が鈍ってしまうということがあるのも大学病院ならでは。

 

 大学病院は教育体制の院内プログラム等、どういった内容のカリキュラムがあるかは比較的容易に事前に確認できます。自分の勉強したい内容があるか、積極的に質問して内容を確認しておくと良いでしょう。
 また、煩雑な外来業務にスムーズに順応できるような体制が整っているか、プリセプターが何ヶ月つくか等実際の業務に取り組む際の手助けの方法なども確認がしておくと、新しい環境に入りやすいかどうかの目安にもなります。
後で期待はずれだったと思わなくてもよい様に自分から積極的に動きましょう。