「総合病院の病棟勤務3年⇒ほかの総合病院の病棟」へ転職を考えている方へ

看護師としてある程度働いていると、今迄の看護と違う面を見つけていきたい、未知の分野で働いてみたい、生活の環境が変わり今迄の勤務形態では都合が悪い、雇用形態や環境に不満がある等、ある程度の自分なりの理想や要望が出てくるものです。
 自分のために今と違う病院で新しくスタートを切ってみたい、と他の病院に転職を考えるのは自然なことです。

 

 転職は、あたらい職場に希望を抱くと同時に不安も大きいものです。特に初入職後ある程度看護師をこなしてきた後の転職は、看護学生の時の漠然としたイメージで就職先を決める場合とは全く違います。
 現実問題として、今迄の病院の看護観や看護のルールは病院が変わると通用しないことがほとんどです。病院が変わるとその病院の看護観やルールが優先されます。従ってこれまでの自分の経験してきた事を転用できず、 これまでの経験を活かすどころか全くの白紙からのスタートになる場合が往々にしてあります。

 

 実際に転職先で「ここでのやり方でしてもらわないと困る」と指摘を受けるのはよくあることです。それはおむつの交換方法一つをとっても検査の手順一つでも処置の方法であってもそうなのです。
 私が経験した病棟では、病棟の看護師であるのに、受け持ちの患者の検査、処置に必ずついていく、という習慣があった所もありました。
付き添わなくてもよい処置に付き添い、一緒に病棟に帰ってくる。その間は病棟を離れなければならない。ひどい時は1時間も2時間も離れることもあり、業務が時間内に終わるはずもなくサービス残業ばかりしていた病院もありました。
 病院によって看護の方針や医療の方針が変わるので、その病院の方針などはリサーチしておくと良いでしょう。

 

 公的病院、総合病院の病棟では新規や中途採用は時期に関係なく募集しているものです。それだけ人員の変動があり、常に募集しているということでもあり、焦らずに転職先を探していけば転職は難しいものではありません。
 しかし、総合病院の病棟を転職先に選び、面接でも自分の希望を述べたとしても、希望する配属先に行けるとは限らないことも頭に入れておきましょう。
 既卒で経験を積んでいる戦力になる看護師は、人手不足の職場に配属されやすいのは管理者側からすれば当然の事とも言えます。
 実際スキルアップしたい気持ちや熱意を面接で説明し、手応えのある返答が得られていたのに、実際は希望と全く異なる人手の足りない部署に配属された看護師も知っています。その知人は面接で何度も確認し大丈夫だと説明されていたのに条件が違うと憤慨し結局退職しました。
 転職する際に、経験を3年きっちり積んできた看護師であっても、他の病院の内部を予想することは至難の技です。

 

 すべての場合がそうだとは言えませんが、そういう可能性も頭の中に入れて情報収集を行うことがべきだということです。
 面接は現場のことを知らない看護師長や、管理職の立場の人間が行うのが一般的ですので、転職して現場の実態との差を感じつこともあります。 病院によって教育体制は異なっていますし、転職前に如何により多くの情報を真剣に集められるかが転職成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

「総合病院の病棟勤務3年⇒ほかの総合病院の病棟」へ転職を考えている方へ関連ページ

ほかの総合病院の外来
大学病院の病棟
大学病院の外来
一般(個人)病院
健診センター
クリニック
精神科病院
訪問看護
保育園・学校